サグラダ・ファミリアの彫刻

ガウディの建築を見たくてスペインのバルセロナを訪ねたのは3年前だ。
サグラダ・ファミリアへ行った。

近付いてみて、その足許におびただしい彫刻群があるのを初めて知った。
サグラダ・ファミリアの入口側とは、受難の門である。
教会なのに、かなりモダンな作風。

これは、地元スペインの彫刻家、スビラックス(Subirachs)の作である。
ガウディのデザインや様式を汲んでいないと言われ、評価が分かれている。
個人のブログなどでも、好意的なコメントはあまりない。
作者の名前すら、なかなか書かれていない。

私にはむしろ新鮮で、強烈に納得させられたのだ。
サグラダ・ファミリアならば、こういう表現で良いんじゃないか、と。
全てが角ばったデフォルメで、ちょっと漫画チックですらある。
けれどもキリスト受難の悲しみが、苦悩が、
石の地肌からも柱の落とす影からも伝わってくる。

画像

スビラックスは我の強い人かも知れないが、
表現者として、飛び抜けた感受性と情熱の持ち主に違いない。

ヨーロッパの教会の彫刻の表現はどれも素晴らしいけれど、
有名な古都はそういう物ばかりで、写実的な聖像群に食傷する。
だから受難の門の彫刻を見た時、さすがサグラダ・ファミリアだと思った。

日本人の外尾悦郎さん担当の「生誕の門」は教会らしい彫刻で、そちらも良い。
しかし力強いスビラックスの彫刻表現は、日本の仏像に通ずる。
もう少し見直されて欲しい。

画像





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

"サグラダ・ファミリアの彫刻" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント