特別な梅干し

梅雨が明けて晴天が続くようになった。ようやく塩漬けにしてあった梅が干せる。引越しの時にも捨てなかった竹製のザルに並べて3日間。 干す前に比べて、ほんのり赤くなっている。 うっすら塩を吹いている。 実家で収穫した梅を使うのは初めてだ。 今年の梅干しは、特別なのでアル。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8年半を取り戻す

新しい畑は、しばらく使っていなかったので、黒いビニールマルチを掛けてあった。それをはがしてひと畝分ずつ作っている。地面に万能鍬(マンノウクワ)を振るうと、思いのほか深く入らない。前の使用者がやめてから、そんなに経ってはいないはず。なのに畑のどこを踏んでも、地面がしっかりとしている。 梅雨時でなければ、カチカチになって耕せなかったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい畑

去年の12月に、アパートのすぐ隣の市民農園の一角を借りた。すぐにエンドウ豆とニンニクを蒔いた。それが5月6月でそこそこ収穫出来た。他にも大根やナッパ類を蒔いたが、それらは育たなかった。今はニンジンが育っている。苗ものも少々植えた。 それにしても、3畳かそこらの面積ではツラい。 実家の庭は、木を伐ると嘆かれる。 さんざん愚痴って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インゲン1本の愚痴を言う

実家の庭にインゲンを蒔いたが、ほとんど消えてしまった。でもたった一本育っていて、それがサヤを3つ着けたので収穫。 「そんな少量では使いようがないがな。」 と母にわらわれた。 わたしだって、たくさん実らせたい。 そのためには、植える場所が必要なのだ。 場所もないのに、実りが少ないて、文句を言わんといてんかあ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんちゃって梅仕事・・・?

実家の梅の木2本に実が成っている。なかなかの豊作である。しかも大粒で、南高梅にも負けない。品種不明だけれども。 とりあえず1kgほど収穫して、煮梅に挑戦中・・・のつもりで茹でたら、実が崩れたので梅ジャムを目指している。 ウチの母は、朝のトーストやヨーグルトにジャムを使うので、大瓶を買っている。 近頃は私が晩柑類のママレード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二上山から大阪を見下ろそう

二上山に登った。小学校の遠足以来なので40数年ぶりでアル。ほとんど覚えていなかったし、そんなに時間が過ぎれば、山の木々が成長して風景の様変わりも激しい。 小さな山だからと高をくくっていたが、 急坂が多く、むき出しの花崗岩も多い。 短時間で登れるが、油断すると怪我をしそうだった。 広葉樹林が多いが、植林地もあり、 御多分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベランダで菜園ができるだろうか?

ベランダの山東菜が順調に育っている。間引きサイズでそろそろ食べられる。野菜クズを土に混ぜて鉢に移し、しばらく置いてから種を蒔いた。未熟な状態では障害が出るか、虫が出るかと気にしていたけれど。 発芽したナッパにコバエが来ていたが、特に何か困るわけでもなく、 葉はほぼキレイ。 むしろ、借りた畑の方が難航している。 ナッパなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変化の証なのだろうか?

昨日、実家の庭の梅の木の枝先に、蛇がとぐろを巻いていた。あんまりしっかりと枝を巻き込んでいるので、何か経緯があってほどけなくなったのかと思った。 しかし、つやつやしていて、弱っているようにも見えない。 毒蛇なら困るが、青っぽいのでアオダイショウだろう。 そっとしておいた。 しばらくして見たら、居なくなっていた。 ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めんどうだけれど、シャツくらいは作ろう

一ヶ月以上前から手を付けていたシャツが、ようやく縫いあがった。ウレシイ。直線裁断とは言え、仕立てが面倒で、進めるのがわずらわしくて、理由を設けては先延ばしにする日々であった・・・。 そんなイヤな思いをしてまで作らなくても、 手頃なシャツがいくらでも売られている。 買う方が効率的だとは思う。 でも、困ったことに、欲しいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物園ってスバラシイ!!

大阪には立派な植物園がある。これまで大阪市内の長居公園の植物園なら行ったことがある。でも今日知ったのは、私市(キサイチ)の「大阪市立大学理学部附属植物園」である。 大学の附属植物園って、教育のための施設なので、園内ほぼ全ての植物に名札が付いている。 ・・・スバラシイ! しかもクスノキ科とかカエデ科とかのグループごとに集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンタのいらない暮らし方

プリンタを廃棄したのは去年だったかも。なければないで、けっこう平気。だってインク詰まりやインク切れの心配も不要。なまじプリンタがあると、必要のない地図まで印刷したりするし。 本当にどうしてもプリントアウトが必要な時はコンピニへ行く。 これまでデータをUSBメモリで運んでいたが、違うやり方をためそうと思った。セブンイレブンなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後世に残る才能

昔の職場のセンパイと20年ぶりに会えた。中国地方で中学教員をしておられる。 地元の役場では、地元出身者がほとんどいない。 大卒しか採用されないせいだと言う。 「あんたら、それでええんか? 卒業してヨソに出たら、色々経験して戻っておいで。 ほんで役場に入りや」 しばらくして進路希望を集めた教員が、 「将来はUター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実家の庭を改造シタイ

実家の門扉の前に、植え込みスペースがある。槙が1株あるだけで殺風景なので、年末にガーデンシクラメンを植えた。そこに今日、他の草花を追加した。 黄色のガザニアと白い花かんざしを2株ずつ。 どちらも宿根性なので、根付けば長く楽しめるだろう。 先日、外出先で花壇のガザニアを見て、 乾燥に強そうだったので 容積の限られた植え込みス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘナで髪を染める理由

引越しの荷物は、たぶん全て開梱したはずだ。それなのに、どうして見つからないのだろう?髪染め用のヘナとインディゴが。 捨てたとは思えない。 トラックに積み込むときに、置き忘れたのか? いやいや、積み込んだあとで、家の中を片付けた。 ざっと掃除したから、全部チェックした。 可能性があるとすれば、風呂場の置き忘れくらい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1ヶ月以上も書かなかったのは、初めてだ

1ヶ月以上もブログを書かなかったのは、初めてだ。 実は、前回の記事を書いた翌日、ウチのアパートに空き巣が入った。 被害は少なかったが、自分のテリトリーにたやすく立ち入られたのが気持ち悪くて、しばらく実家に避難していた。 それからアパートに通って、思いつく防犯対策を少しずつ施し、 こわごわ戻った。 個人的には、東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

服地を織るのは違うんだ

ヨソの人のコートを見て、ドキリとした。わたしが以前に織った布に似ていたのだ。ファンシーツイードで、太い糸やループのある糸、メランジなスラブ糸や細糸の引き合わせなどを織り込んであった。規則的に織っているのがわかりにくいように、工夫されている。 わたしは規則的にならないように織る。だから疲れるが、量産できない布を作るのが至上だと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満艦飾の春が来るかも?

母と出掛けた先で、可愛いスミレが安く出ている、と言うので見に行った。パンジーのポット苗が、手頃な値段で並んでいる。 母は青と白と黄色が良い、と言う。 「そんなん満艦飾やんか。黄色はいらへんやん」 と抵抗すると 「ええやん。黄色もきれいやん」 と一歩も引かず。 仕方ない、植えるのは母の庭やし。 「あんたの欲しいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェア畑ってなに?

先日、会った人から「シェア畑」という言葉を聞いた。何人か集まって、畑を作っているそうだ。よそでも聞く話だけれど、大阪に戻ってからは久しぶり。 もう30年近く前になるが、 同じ町で「シェア畑」みたいなことをやっているグループがあった。 「あおげ合宿所」と呼んでいて、 山間にある畑と古家を借りて集まり、 皆で畑の勉強会や作業を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域通貨のおべんきょうに行く

地域通貨の勉強会に参加した。地域通貨と聞いて、地域振興券をイメージしていた。あんな期限付き割引券が話題になっているのは不思議だった。 今回のお話は、神奈川県藤野町の地域通貨「よろづ」のお話。 ざっくり言えば、子供の頃の肩たたき券や お手伝い券みたいな感じ。 プラスマイナスを気にしない。 慣れてくれば、記入もしない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いがけず木工体験

ちょっと見学だけのつもりで林業総合センターという所に行ったら、キットを使った木工体験があったので、参加してみた。 一緒に参加した人が2種類作ると言うので わたしは時間がかかるフォークを作ることにした。 材料はヒノキで、先端に切り込みがあり、荒く削られていた。 でも慣れない切り出しナイフでの作業は、なかなか進まない。 ヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more