地中海か南国か

夏から借りている畑のとなりの果樹園で たわわに実ったレモンをいただいた。 放置状態だったのを、 菜園を借りている人が 世話を始められたとか。 すごくウレシイ。 作ってみたかったのダ、 レモンのママレード。 茨城ですんでいた土地は かんきつ類の栽培がむずかしく みかんは温州ではなく 小型の「ふくれみか…
コメント:0

続きを読むread more

コイン精米機しか知らなかったけれど

電子書籍の節約本を読んでたら、玄米を家庭用精米機で都度精米する話があった。 それって 味にこだわる人のゼイタクかと思ってた。 でもこの人は 年間100万円で暮らしている 近ごろは近所のスーパーでも 玄米の大袋を見かける。 ココが大阪とも思えない 農村地帯ってこともあるだろうけど 白米より安いことがある。 …
コメント:0

続きを読むread more

お湯になるほど暑い

ボトルに水を満たし、カンカン照りのベランダに寝かせた。14時ごろ室内に持ち込み、水温を計ったら40℃。 ふつうにお湯やん。 翌日実家で空のペットボトルをもらい受けたのは言うまでもない。 とりあえず4本のペットボトルに水を入れ、 またベランダに寝かせる。 小型のヤカンも水を入れて並べた。 ステンレスの鍋には水とジャ…
コメント:0

続きを読むread more

どっちにするの?

実家で暮らさないか、と母が言う。 年々体が弱ってきているらしいのがわかる。 そして記憶力もどんどん低下している。 本人も不安なのだ。 それでも家中を占拠しているモノの中で 私が入り込む部屋がない。 「モノを処分して。」 「寝起きできるようにして。」 「私とモノと、どちらと暮らしたいの?」 と突き放す。 そ…
コメント:0

続きを読むread more

実家で暮らすか迷う

実家の隣町にアパートの契約更新が近づいている。あき巣の被害もあったし、別の部屋をさがすつもりだった。 春先からコロナウィルスの感染拡大がさわがれた。 日本のロックダウンが現実味をおびたときに 万一、外出禁止にでもなったときを想像した。 わたしがひとり自宅にいる不安と 高齢の母がひとり実家にいる不安。 2人いっしょ…
コメント:0

続きを読むread more

やましたひでこさん、大好き!

実家でテレビをみていたら、「断捨離」の特別番組をやっていた。 断捨離をしてきた小学生が、さらに片づけをすすめるため やましたひでこさんのアドバイスを受ける、という企画でアル。 小学校2年か3年のカワイイ女の子が、 せっせと片づける。 「これは?」 「いらない。」 「そっちは?」 「いらない。」 どんどん処分…
コメント:0

続きを読むread more

食品不足は起こらない

いつのまにか、春たけなわ。 毎日、コロナウィルスの話題がとぎれない。 日本の食料は輸入品が多いので、今の状態がつづけば、 いずれ不足すると心配する人もいる。 そうかも! ・・・とちょっと思った。 でも、別の見方もできる。 わたしは10年ちかく、外食産業ではたらいた。 具体的には、ベーカリー、レストラン、弁当屋…
コメント:0

続きを読むread more

大阪だって田舎なのでアル

山ツツジの季節って、5月頃かと思っていた。近くの里山を歩いていたらピンクの花が目に付いたので、ああ狂い咲きってヤツかと通り過ぎた。ところがその後も2か所で咲いていた。大阪は暖かいけれど、お正月に山ツツジが咲いちゃうなんて・・・。 きらめ樹の間伐の活動を支援したいと思いつつ、 個人的なゴタゴタで昨年は前進していない。 山主さ…
コメント:2

続きを読むread more

年末最後の粗大ゴミ

先日の粗大ゴミの日に、思い立って染色用の大鍋を一つ出した。教室用に4つ確保していたが、茨城からの引越し前に2つ手放していた。残り2つは厨房用の寸胴で、植物染めの煮出しと媒染用が並行して出来るので、これより減らせないと思っていた。でも当分は植物染めをする気がない。2つの大鍋を並行してコンロにかける予定もない。染色教室も募集する気がない。今…
コメント:0

続きを読むread more

洗濯の選択肢?

前回石鹸を作ってから1年以上過ぎた。手持ちの石鹸が減って来たので、今後どうするか考えていた。昨日は知人が揚げ物の油処理に困っていたので、喜んでちょうだいした。それにしても油は本来、貴重品だ。それは自給を想定してみると気付く。菜種油を採るのに、どれほどの面積が必要だろう?ごま油でも大豆油でも、エゴマ油でも。本当は廃油処理なんてもったいなさ…
コメント:0

続きを読むread more

買いやまい

母の用事に付き合って、デパートのブランドショップへ行った。買い物が目的ではない。病院の定期健診に行く途中で、母のお気に入りポシェットの修理を頼むためでアル。 ポシェットを預けて、さあ店を出ようとすると 母が動かない。 展示されている商品の品定めをしている。 店員さんが対応に付こうとする。 あわてて母をうながすと 「だ…
コメント:0

続きを読むread more

かさばる収納を手放した

今月に入ってから、大きくてかさばる物をかなり処分した。衣装ケース4台と3段引き出しの書類ケース1台、 小さめのプラ引き出し1台、自作のボックス家具3台、先週の粗大ごみの日がどれだけ待ち遠しかったか・・・。 ほかに自作の三段棚があったけれど、これは木ネジを外して分解してある。 処分方法は検討中。 収納用品を手放すと、一…
コメント:0

続きを読むread more

責められているみたい

ウチは本当に物が多い。片付けが下手なんだから、うんと減らしてしまえば良い。大阪暮らしの1年で使わなかった物は、一度処分してもかまわないのではないか。 そう思い立って、これまで手をつけなかった物まで処分している。 気に入っていた絵葉書、 中途半端に出来の良いマフラー、 何となく大事にしていた死蔵本、 自作の服の習作、 …
コメント:0

続きを読むread more

大阪の町中に染料が生えている

昼間に歩いていて横断歩道で信号を待つ間、赤いガクにルリ色の実のコントラストが目に入った。クサギである。 山で見つけた場所を秘密にしているという話は聞くけれど、 こんな国道わきに、勝手に生えてます風に出ているのは初めて見た。 植物染めでは珍しく、青い色が染まる。 ・・・って、わたしに染めろとでも言うの? でもなあ、化…
コメント:0

続きを読むread more

ムリにつくらないで「しまむら」さんで買う

久しぶりに「しまむら」さんでお買い物。黒のパンツ、グレーのカットソー、下着の3点。「しまむら」さんは低価格のアパレルショップでアル。 実はワタクシ、「ユニクロ」さんと「無印」さんが苦手。 お店に入るのは好きなのに、 買い物する度に、なぜか後悔する。 ゆとり量とか、シルエットとかが、微妙にあわない。 パタンナーさんかデザ…
コメント:0

続きを読むread more

禁断の領域

身軽になりたい。本当に身軽になりたい。どんなに減らしても、染織と洋裁の道具材料は手放せないと信じていた。でも、それが自分を混乱させている気がしている。 学校では広くまんべんなく学ぶ。 教えるのも同様。 ところが制作現場では、 意外に技術の幅はせまかったりする。 作品作りって、そういうもの。 ひとくちに染織と言っても、…
コメント:0

続きを読むread more

ベジタリアンのハンバーグを豆腐で作る(メモ)

・木綿豆腐 ・シソの実の塩漬け ・ヒジキ ・ゴマ ・青ネギ ・オールスパイス ・ターメリック ・粉辛子 ・塩少々 ・強力粉 ・片栗粉 全て適当な量混ぜ合わせて形を作り、フライパンで焼くだけ。 意外とシソの実がアクセントでイケる。 玉ねぎがないのでベランダの青ネギを入れた。 ハンバーグっぽい食べ物になった。…
コメント:0

続きを読むread more

ミキサーを使わない豆乳マヨネーズ(レシピ)

豆乳ヨーグルトを扱うスーパーが増えた。いまいち美味しくないんだけど、特価の魅力に負けて久々に購入。ふと思い立ち、それを使ってマヨネーズを作ってみた。 豆乳でマヨネーズを作るのは簡単だ。玉子で作るほどのコクはないけれど、塩と粉辛子を入れれば結構イケル。ポテトサラダに入れるなら、たぶんバレない。ただし玉子なら泡立て器で出来るが、豆乳は…
コメント:0

続きを読むread more

きちんと置ける暮らしがしたい

ミニマリストさんたちの動画を見ると、物が少ないだけじゃなく、物との付き合い方が丁寧なのに気付く。物が少ないから適当に置いても問題なさそうなのに、きちんとした置き方をする。 きちんと置けるって、なんて気持ちがいいのだろう。 物がきれいに収まっている部屋に住みたい。 長い年月に増えたプラスチックの収納ケースは、 急にぜんぶは…
コメント:0

続きを読むread more

壁掛け時計に定位置をあげよう

もうじき今のアパートに引越して1年になるのに、仮住まい感覚が抜けない。物があるべき位置を決められていないせいもある。たとえば壁掛け時計。壁に傷をつけるのが怖くて、積み重ねた衣装ケースの上に丸い壁掛け時計を置き続けていた。 でもね、賃貸の壁にぶっとい穴を開けなくても 壁にフックくらい付けられるのよ、いまどき。 数百円で解決する問…
コメント:0

続きを読むread more