ベジタリアンのハンバーグを豆腐で作る(メモ)

・木綿豆腐 ・シソの実の塩漬け ・ヒジキ ・ゴマ ・青ネギ ・オールスパイス ・ターメリック ・粉辛子 ・塩少々 ・強力粉 ・片栗粉 全て適当な量混ぜ合わせて形を作り、フライパンで焼くだけ。 意外とシソの実がアクセントでイケる。 玉ねぎがないのでベランダの青ネギを入れた。 ハンバーグっぽい食べ物になった。…
コメント:0

続きを読むread more

ミキサーを使わない豆乳マヨネーズ(レシピ)

豆乳ヨーグルトを扱うスーパーが増えた。いまいち美味しくないんだけど、特価の魅力に負けて久々に購入。ふと思い立ち、それを使ってマヨネーズを作ってみた。 豆乳でマヨネーズを作るのは簡単だ。玉子で作るほどのコクはないけれど、塩と粉辛子を入れれば結構イケル。ポテトサラダに入れるなら、たぶんバレない。ただし玉子なら泡立て器で出来るが、豆乳は…
コメント:0

続きを読むread more

きちんと置ける暮らしがしたい

ミニマリストさんたちの動画を見ると、物が少ないだけじゃなく、物との付き合い方が丁寧なのに気付く。物が少ないから適当に置いても問題なさそうなのに、きちんとした置き方をする。 きちんと置けるって、なんて気持ちがいいのだろう。 物がきれいに収まっている部屋に住みたい。 長い年月に増えたプラスチックの収納ケースは、 急にぜんぶは…
コメント:0

続きを読むread more

壁掛け時計に定位置をあげよう

もうじき今のアパートに引越して1年になるのに、仮住まい感覚が抜けない。物があるべき位置を決められていないせいもある。たとえば壁掛け時計。壁に傷をつけるのが怖くて、積み重ねた衣装ケースの上に丸い壁掛け時計を置き続けていた。 でもね、賃貸の壁にぶっとい穴を開けなくても 壁にフックくらい付けられるのよ、いまどき。 数百円で解決する問…
コメント:0

続きを読むread more

甘いリンゴの匂いがする

畑の草刈りをしていると、ミントに似たさわやかな匂いがした。周囲にミント系の植物はない。もしやと枯草に近づいたら、その匂いだった。 北海道の牧場風景の象徴的な建物「サイロ」の中には、サイレージが積まれている。サイレージとは「干し草の漬物」とも呼ばれる。乾燥した草を積み込んでしっかり圧縮し、発酵させた物である。状態が良ければリンゴのよ…
コメント:0

続きを読むread more

オクラ初収穫

今年のオクラは7/15に蒔いた。茨城の畑で11年間自家採種してきた五角オクラさん。今朝ようやく2個だけ収穫した。ちょっと取り遅れて固めだったが、茹でたら普通に美味しかった。 6月末まで借りる畑を見つけられなかった自分の 不甲斐なさを呪っても始まらない。 それより2ヶ月足らずでオクラが実るのはオドロキ。 オクラって、わりと…
コメント:0

続きを読むread more

できるはずがない暮らし

山の近くに住んで、薪を使う生活、湧き水を使う生活、電気を自給だけでまかなう生活、犬を飼う生活。 そんな暮らしが実現できるはずがない。 独りでできるはずがない。 続くはずがない。 そんな思いが、いつもブレーキをかける。 でも、すでに茨城県の田舎で11年半も暮らせたのだ。 薪は使わなかったけど、水道水だけど。 電気…
コメント:0

続きを読むread more

特別な梅干し

梅雨が明けて晴天が続くようになった。ようやく塩漬けにしてあった梅が干せる。引越しの時にも捨てなかった竹製のザルに並べて3日間。 干す前に比べて、ほんのり赤くなっている。 うっすら塩を吹いている。 実家で収穫した梅を使うのは初めてだ。 今年の梅干しは、特別なのでアル。
コメント:0

続きを読むread more

8年半を取り戻す

新しい畑は、しばらく使っていなかったので、黒いビニールマルチを掛けてあった。それをはがしてひと畝分ずつ作っている。地面に万能鍬(マンノウクワ)を振るうと、思いのほか深く入らない。前の使用者がやめてから、そんなに経ってはいないはず。なのに畑のどこを踏んでも、地面がしっかりとしている。 梅雨時でなければ、カチカチになって耕せなかったか…
コメント:0

続きを読むread more

新しい畑

去年の12月に、アパートのすぐ隣の市民農園の一角を借りた。すぐにエンドウ豆とニンニクを蒔いた。それが5月6月でそこそこ収穫出来た。他にも大根やナッパ類を蒔いたが、それらは育たなかった。今はニンジンが育っている。苗ものも少々植えた。 それにしても、3畳かそこらの面積ではツラい。 実家の庭は、木を伐ると嘆かれる。 さんざん愚痴って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インゲン1本の愚痴を言う

実家の庭にインゲンを蒔いたが、ほとんど消えてしまった。でもたった一本育っていて、それがサヤを3つ着けたので収穫。 「そんな少量では使いようがないがな。」 と母にわらわれた。 わたしだって、たくさん実らせたい。 そのためには、植える場所が必要なのだ。 場所もないのに、実りが少ないて、文句を言わんといてんかあ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんちゃって梅仕事・・・?

実家の梅の木2本に実が成っている。なかなかの豊作である。しかも大粒で、南高梅にも負けない。品種不明だけれども。 とりあえず1kgほど収穫して、煮梅に挑戦中・・・のつもりで茹でたら、実が崩れたので梅ジャムを目指している。 ウチの母は、朝のトーストやヨーグルトにジャムを使うので、大瓶を買っている。 近頃は私が晩柑類のママレード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二上山から大阪を見下ろそう

二上山に登った。小学校の遠足以来なので40数年ぶりでアル。ほとんど覚えていなかったし、そんなに時間が過ぎれば、山の木々が成長して風景の様変わりも激しい。 小さな山だからと高をくくっていたが、 急坂が多く、むき出しの花崗岩も多い。 短時間で登れるが、油断すると怪我をしそうだった。 広葉樹林が多いが、植林地もあり、 御多分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベランダで菜園ができるだろうか?

ベランダの山東菜が順調に育っている。間引きサイズでそろそろ食べられる。野菜クズを土に混ぜて鉢に移し、しばらく置いてから種を蒔いた。未熟な状態では障害が出るか、虫が出るかと気にしていたけれど。 発芽したナッパにコバエが来ていたが、特に何か困るわけでもなく、 葉はほぼキレイ。 むしろ、借りた畑の方が難航している。 ナッパなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変化の証なのだろうか?

昨日、実家の庭の梅の木の枝先に、蛇がとぐろを巻いていた。あんまりしっかりと枝を巻き込んでいるので、何か経緯があってほどけなくなったのかと思った。 しかし、つやつやしていて、弱っているようにも見えない。 毒蛇なら困るが、青っぽいのでアオダイショウだろう。 そっとしておいた。 しばらくして見たら、居なくなっていた。 ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めんどうだけれど、シャツくらいは作ろう

一ヶ月以上前から手を付けていたシャツが、ようやく縫いあがった。ウレシイ。直線裁断とは言え、仕立てが面倒で、進めるのがわずらわしくて、理由を設けては先延ばしにする日々であった・・・。 そんなイヤな思いをしてまで作らなくても、 手頃なシャツがいくらでも売られている。 買う方が効率的だとは思う。 でも、困ったことに、欲しいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物園ってスバラシイ!!

大阪には立派な植物園がある。これまで大阪市内の長居公園の植物園なら行ったことがある。でも今日知ったのは、私市(キサイチ)の「大阪市立大学理学部附属植物園」である。 大学の附属植物園って、教育のための施設なので、園内ほぼ全ての植物に名札が付いている。 ・・・スバラシイ! しかもクスノキ科とかカエデ科とかのグループごとに集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンタのいらない暮らし方

プリンタを廃棄したのは去年だったかも。なければないで、けっこう平気。だってインク詰まりやインク切れの心配も不要。なまじプリンタがあると、必要のない地図まで印刷したりするし。 本当にどうしてもプリントアウトが必要な時はコンピニへ行く。 これまでデータをUSBメモリで運んでいたが、違うやり方をためそうと思った。セブンイレブンなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後世に残る才能

昔の職場のセンパイと20年ぶりに会えた。中国地方で中学教員をしておられる。 地元の役場では、地元出身者がほとんどいない。 大卒しか採用されないせいだと言う。 「あんたら、それでええんか? 卒業してヨソに出たら、色々経験して戻っておいで。 ほんで役場に入りや」 しばらくして進路希望を集めた教員が、 「将来はUター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実家の庭を改造シタイ

実家の門扉の前に、植え込みスペースがある。槙が1株あるだけで殺風景なので、年末にガーデンシクラメンを植えた。そこに今日、他の草花を追加した。 黄色のガザニアと白い花かんざしを2株ずつ。 どちらも宿根性なので、根付けば長く楽しめるだろう。 先日、外出先で花壇のガザニアを見て、 乾燥に強そうだったので 容積の限られた植え込みス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more