後世に残る才能

昔の職場のセンパイと20年ぶりに会えた。中国地方で中学教員をしておられる。

地元の役場では、地元出身者がほとんどいない。
大卒しか採用されないせいだと言う。

「あんたら、それでええんか?
卒業してヨソに出たら、色々経験して戻っておいで。
ほんで役場に入りや」

しばらくして進路希望を集めた教員が、
「将来はUターンして役場に勤めたい」
という子が異様に多くて、首をかしげていた。

(センパイは種明かしをせず、一人ほくそ笑んでいたらしい)

センパイの言葉に感銘を受けた子供らの何パーセントかが
20年後30年後に本当に地元に戻ってきて
役場に中途採用され、何かが変わって行く力になるかも知れない。

それは迂遠な話だけれど。

子供に、要領よく立ち回れと教えるのも大切ではある。
でも、地域を変える生き方を、センパイは簡潔に伝えている。

センパイは特別な有名人とかではないが、
後世に残る才能は、こういう人の影響で生まれてくるんじゃないのか。
などと途方もない想像をしてしまった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック