綴織が、むずかしいと思った事はない

綴織の演習サンプル
綴織は複雑な技術ではない。だから、難しいはずもない。きれいに織れないのは、私が横着しているから。きれいに織れないのは、私がタペストリを知らないから。私が不器用だから。その程度に考えていた。

人に教えてみて、ようやく気付いた。綴織は、難しい・・・。

糸を画材として絵を描くのだから、当然、単純な作業ではない。絵柄を睨みながら、織り方を変えなくてはならない。これを難しいと気付かなかったなんて、間抜けている。

「何だか織りにくいナア」
と思ってはいたけれど、難しいわけないじゃん、とナメて掛かっていたから、続けていられたのダ。

でも今頃になって気付いてしまったゾ。綴は難しいんだ。普通の布を織るのとは、違うんだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック