関電の筆頭株主が脱原発

大阪市は関西電力の筆頭株主である。市長が脱原発の提案をするそうだ。

<脱原発>大阪市の平松市長が関電に提案へ

筆頭株主なら発言力が強いはずだけれど、これで関電は方針を変えるだろうか?
ちなみに大阪の実家に聞いたら、このニュースは知らなかった。テレビでも新聞でも、気付かなかったと言う。改めて朝日新聞を見直したら、社会面の下の方に、小さく載っていたそうだ。

福島の事故処理のマンネリ報告は大きく載っているのに、こんな話題性のある記事が小さいのは、妥当なんだろうか?意図的に小さくしているのではないか、と勘繰りたくなるのだけれど。

例えば、増資や株式分割で発行株数を増やせば、筆頭株主を変えられるのかも。あるいは平松市長がスキャンダルや病気で退任すれば、提案が凍結か取り下げになるかも。

そういう展開は、ドラマや映画の中だけにしてもらいたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

トランプ
2011年06月20日 22:32
裏での、、細工がない事を祈って!
2011年06月21日 20:07
トランプさま
そうですよね。でもどうせ、一杯あります。
それでも、少し前まで口にも出来なかった「ゲンパツモンダイ」について、誰もが関心を持ち、日常的に語るようになりました。だから、メディアが大きく取り上げられないニュースをブログに書いて、身近な人々に伝えるくらいは、自分に出来る行動かも・・・。

この記事へのトラックバック