テーマ:木工

思いがけず木工体験

ちょっと見学だけのつもりで林業総合センターという所に行ったら、キットを使った木工体験があったので、参加してみた。 一緒に参加した人が2種類作ると言うので わたしは時間がかかるフォークを作ることにした。 材料はヒノキで、先端に切り込みがあり、荒く削られていた。 でも慣れない切り出しナイフでの作業は、なかなか進まない。 ヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木工の日

そんな訳で、今日は木工の日でアル。シャトル(板杼)が少なくなってきたので、製作中。カット済みの物にヤスリがけしていたら、近所のオバさんが通りかかった。 「内職かぁ?」 内職って・・・。在宅で仕事と言えば、上の世代の人は、そう連想するのね。苦笑しながら、機道具デスと説明した。 塗装して乾燥させる。数が足りない分は、次回に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壁を傷付けない棚作り

先日移動した糸棚の上に、小さな棚がある。壁を傷付けないやり方で、端材で作った物。 窓の上の横板に、 棚板の一辺を乗せてある。 それだけでは落ちるので、 もう一辺に木ねじで脚を取り付けた。 この窓にはカーテンレールがある。 それを留めている金具のネジを少し弛め、 レールを動かして、 付き当てた壁との間に隙間を作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自作ドラム整経機の改良版

3月に試作したドラム整経機を叩き台にして、改良版を作った。ベアリングを使ったので、とても回転が軽い。ウキウキと延べてみた。ああ、やっぱり、糸1本ずつにガイドが必要。綾を取る補助具も必要。いくら原理が解っていても、そのちょっとした仕組みが無いと、作業効率がとっても悪い。巻き取りも、高機のビームに直接巻くには、何か工夫が必要。現状では手延べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラム整経機の試作品

ようやくドラムが形になった。軸受けの仕上げが雑なので、キーキー音がするし、回転が重いけれど、回る。試しに糸を巻き始めて気付いた必須の部品、糸を沢山に分けておくべき事。それから何と、留める所の仮結びの仕方を忘れていた!手の感覚が覚えているのに、手順として思い出せない。とても奇妙でショックだ。ああ、21年ぶりだもんなぁ。しつこく直すうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピンドルのジレンマ

どう考えても整経台で糸を延べて、チェーン編みにしてから織機に巻き取るのは不合理でアル。世の織物工場では、規模の大小を問わず、ドラム整経機を使っている。ドラム整経機とは、円筒型に軸が通っていて、くるくる回るようになっていて、そこに糸を巻き付けて所定の長さを確保する。同じ動作を、必要なタテ糸本数になるまで繰り返すと、円筒の周囲に糸がビッシリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綛揚げ器をもう一台

3年前に作った綛揚げ器を、もう一台組んだ。これで染色する前に綛を作るやり方を、生徒さんと並んで教えられる。 と思ったのだけれど、上手く回転しない。微調整が必要でアルが、それは明日。 毎回思う、木工が上達するのは、いつの日だろう?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドカーダーを作る

ヒツジの毛刈りをしたら、洗って染色して干し、ほぐしたら、カーディングする。それは、髪の毛をブラシで梳かすのと似ている。その為の道具がカーダーである。 一般には馴染みがないが、布団の綿打ちには、大きな円筒型のドラムカーダーを使う。 手でカーディングする為のハンドカーダーと言う道具があって、近年すっかり高価になった。何とか自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水張りパネルをシナベニヤで作る

小サイズのタぺストリを額装する為、パネルが必要になった。 1)各作品に合わせた大きさでシナベニヤを切る。細い角材をベニヤに合わせて切る。 2)切った角材で枠を組んでボンド留めし、ハタガネで固定する。 3)出来た枠をベニヤにボンド留めし、クリップで固定する。 少し前に、端材のシナベニヤを買っておいたので、1つ2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

机の塗装

昨日、曇だったけれど、アクリル系の水性塗料で、1台だけ白に塗った。 今日は部屋に入れて、配置。塗ると、合板の無骨さや、無垢板の色の差などが隠れ、明るい感じになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作業机2台

昨夜組み上がった作業机2台。 朝、怪しげな天気だったので、外作業を諦め、所用で出掛けたら、1日晴れた。 あーあ、塗装出来たじゃん。 天気図を見ると、また台風が近付いているようだし、慌てて塗らない方が良いのかもしれないけれど、片付かないしなァ・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作業机製作の進捗状況

先ほど、ようやく組み立てを終えた。2台でアル。この後、ヤスリがけして塗装の予定。 今日の昼間、羽鳥駅前の「ふれあいセンター」で、木枠で手織り講座の最終回だった。次から自主講座で、皆さん集まって下さるそうだ。 木枠作りの木工講座、またまた実施する。女性は、木工をする機会が少ないけれど、前回やってみて、何だかとても楽しそうだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カイコウ問題

そろそろ1週間くらい織っているかなァ、と思っていたが、段通を織り始めて既に2週以上経っているではないか!ようやく半分デアル。 さて、私のタペストリ機は、単純な木枠である。ソウコウがないので、綾棒と糸ソウコウで開口を拾わなくてはならぬ。拾ったタテ糸は、棒で保持せねばならぬ。故に、開口棒が必要デアル。 ・・・バタンとも言う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デッドスペース

台所で糸を染めている。温度を上げながら、小まめに糸を繰らなくてはムラになるので、時間待ちに周囲を掃除するうち、ついでに整理したくなった。 保存食を入れた缶箱を整理したら、一箱空いた。手作りの収納棚も、いろいろ動かすうちに、1本空いた。台所のレイアウトも変更したら、通路が広くなり、スペースが出来た。 物が多くて使いにくいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窓枠に棚を制作中

台所の窓枠に棚を作っている。あとはヤスリをかけて磨き、白に塗装する。 明日塗ろう明日塗ろうと思っているのに、曇った寒い日が続いている。乾燥させて収められるまで、何日かかるやら。(逆光で照明も足りないので、こんな黒い画像が精一杯) 手織りに興味のある方は、こちらのホームページへどうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャラリー展示のための卓上ラック

つくば市のギャラリー「彩花」さんでのグループ展が、来月から始まる。展示方法について、なかなか決まらなかったけれど、お尻に火が着いて、ようやく取り掛かった。 今回は、細めのマフラーのみなので、卓上で引掛けて展示する物が良い。自立型のラックが良い。 端材をいじっているうちに、何となく形が決まった。切って木ネジで留め、オイルス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

糸棚を作った

コーン巻、チーズ巻の糸が増えた。仕舞う所がない。家の中は収拾がつかなくなっている。 収納が足りない。何とかせねば。 端材を集めて3段のオープンラックを組み立てた。チーズもコーンも目一杯並べられる。畳の上が一気に片付いた。 何てスバラシイ。 木工は、いつも思うに任せない。切るのもネジ込むのも、いつも使わない筋肉を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more