テーマ:服作り

めんどうだけれど、シャツくらいは作ろう

一ヶ月以上前から手を付けていたシャツが、ようやく縫いあがった。ウレシイ。直線裁断とは言え、仕立てが面倒で、進めるのがわずらわしくて、理由を設けては先延ばしにする日々であった・・・。 そんなイヤな思いをしてまで作らなくても、 手頃なシャツがいくらでも売られている。 買う方が効率的だとは思う。 でも、困ったことに、欲しいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ZOZOTOWNへ行く

ネットのファッションモール「ZOZOTOWN」でトップスを見ていたら、妙にビッグなシルエットが多かった。 なんか、私の直線裁断服と似てない? 実はワタクシって、ファッションリーダーなのでは??? ・・・という幻想に浸ってみた。 退屈しない日々やね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋裁なんて要らない!?

直線裁断で洋服を作ると、どうしても無理がある、と思っていた。でも実際に作って着てみて、結局は、ゆとり量次第じゃないかと感じている。 適度なゆとりが取れていれば、単純にまっすぐなノースリーブでも、着れば体に添い、フレンチスリーブのように見える。 洋裁のパターンメーキングは、かなり奥深くて、終着点が見えない。 しかし実は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直線裁ちの手縫い服セミナーの最終日

直線裁ちの手縫い服講座(全3回)の最終日。無事に完成して記念撮影。 自分で作って着られるのは嬉しいね。 伸縮素材なので着脱が楽、暖かい、着丈が丁度良い、 と好評を頂いた。 直線裁断の服ってねえ、実はワタクシ、何年も悩みながら作っては着ていたのダ。ささやかな講座を企画して、個人的な自給服が、予想以上に変化してくれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元旦にする事?

昨日から、頼まれ物のエプロンを作っている。製図を修正しつつ、合計6枚。形が決まって、裁断が済めば、1枚1時間程度で縫える。 昨日の1枚と今日の1枚、そして後2枚で合計4枚が明日仕上がる予定。 元旦は快晴が多いけど、さすがに洗濯したり布団を干す気になれないし、食事は煮物とお餅にすれば、家事は無し。 エプロンが早々に終わったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直線裁ちのフリースその2

伸びる生地って素敵だ。ゆとり量も頭囲も心配せずに、思い切って幅を削れる。 お陰で前より随分スリムになった。 襟ぐりは、裁ちっぱなしにしておいた。また気が変わったら、襟を追加するかも。 とりあえず冬のセーター代わりは、これで間に合いそう。 手織りでも手編みでもないけれど。その点は他のアイテムで何とかしよう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直線裁ちのフリース

去年の断捨離で古いセーターを何枚も処分し、ハイネックのカットソーも1枚きりになった。古い物、傷んだ物が無くなったけれど、少し補充したい。 フリースでハイネックを作ってみた。 早速着ていたら、とても暖かい。 フリースって生地は、本当に便利。カットソー(ニット)なので、結構無理が利く。 ほつれないので、端の始末は、二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかがタンクトップを自作する

タンクトップを自作する話は、よくある。易しいと言う。しかし、単純な筒状に縫って紐を付けただけでは、納得がいかない。 タンクトップごときでダーツを入れるのは悔しいので、脇の下を斜めに切り下げる。 脇線を垂直に縫うと、やはりオカシイ。上から下に、斜めに線を引き直す。 カットソー素材に比べれば、伸縮しない平織コットンではゆと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手仕事社会と不器用社会

今秋は雨が多いせいか、野菜が高くなっているそうだ。野菜を作るのは、そんなに難しくないが、土いじりは苦手、好きじゃない、出来ない、と思い込んでいる人がいるから値段が発生し、商売になる。手工芸だって同じ。 洋裁、染織、カゴ編み、アクセサリーも、そんなに難しくない事を、やれないと思い込んでいる人がいるから商売になる。 マメで手仕事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直線裁ちシャツを手縫いする講座を開きます(仮)

この5日間で、直線裁断のシャツを手縫いで3枚作った。ノースリーブ、ノーカラーの、頭から脱ぎ着するタイプ。自分用なら、ここまでで充分なのだけど。今冬、単発セミナーを開くことになりそうなのでアル。 出来るだけ切り落としを少なくする。 出来るだけキレイでオシャレな形にする。 出来るだけ着脱がしやすいように。 出来れば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手縫いで服を仕立てる

手縫いで服を仕立ててみた。袖無し衿無しのかぶりもの。直線裁ち。ミシンでなくちゃと思い込んでいたけれど、意外にも、しっかりした仕上がり。 着てみたら、どこにも力が掛からない。服って、スリムなデザインでなければ、強力な仕立てでなくても済むもんだ、と気付いた。 手縫いって結構、丈夫そう。 ミシンが無いと洋裁は無理とか、型紙が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手縫い、する?

そもそも自給服なら、ミシン縫いは違うんでナイ?とは思っていた。だけど直線裁ちで手縫いで仕立てるなんてどうよ、と思っていた。それが何となく、可能なのでは、と思える今日この頃。 試してみたくてタマラナイ。 でも繰り返しになるが、暑いのは苦手。 冷房していても、 体内に熱がこもった感じで 大人しく作業が出来ない。 もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「とと姉ちゃん」も直線裁断の服

帰省中に、いつもは見られないテレビで「とと姉ちゃん」を見たら、何と!直線裁ちの服が話題になっている。洋裁の専門知識や技術を持たない人でも、簡単に作れて、しかもお洒落な服を雑誌で紹介するのだ、と言う。 そうなのよ。小難しい製図をしなくとも、服は出来る。 今回、帰省の前日に縫い上げた服を、あちこちで褒めて頂いた。 ドラマの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手織りの服って、夏向きなのでは?

「今日はまた、涼しげな色ですね。」 と声を掛けて頂いた、手織りのコットンシャツ。 太い糸で織った厚めの布で、夏には暑いだろうと思っていた。 直線裁断で、ボタン無しのかぶり物なので、伸縮しない分、ゆとり量をタップリ取ってある。 体に触れるのは肩くらい。胴回りに風が通って、スースー涼しい。 イヤ、冷え過ぎマス。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新じゃがバンザイ

ジャガ芋が枯れ始めたので、順次掘り上げている。地上部が小さくても、芋が小さいとは限らない。数は少なくとも、予想外に立派な物が出る嬉しさ。 それはそうと、ようやく手織りのベストが仕立て上がった。 ボタンホールのお陰で目がショボショボ。ここ数日の作業の為に、部屋中に生地が散乱しているのに、もう目が開けていられない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベストのお仕立てが順調に・・・

あと少し、あと少しと思いながら、ベストの仕立てが順調に遅れて(?)いる。 箱ポケットが付き、裏地が付き、あとはステッチとボタンホールを残すのみとなった。 まだ織物も洋裁も学ぶ前の頃、 「手織りの生地の仕立ては、市販の生地とは違うので、難しいらしい」 と話してくれた人がいた。 何がどう違うのか、想像も出来なかったが、今なら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帽子制作の日

先週の続き、クロッシェが仕上がった。次は少し形を変えるつもり。 ており工房ククリのホームページはこちらです。 ランキング参加中です。 ↓応援クリック、よろしくお願いします
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自給服の日

自給服の日なんだけれど、見学の方が来られたので、あまり進んでいない。でも嬉しい事に、その方はホームページの写真を見て、服作りもやってみたくなった、と言って下さった。 そうそう、手織りしたら仕立てて、着て、見せびらかさなくっちゃ! 実のところ、服造りに時間を使う度に 染織作家として寄り道じゃないのか? 方向性を間違ってるん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

断捨離した後は、直線裁断のシャツ!

去年の断捨離熱で、長袖のカットソーを何枚もウエスにした。お陰でこの春は長袖の「何か」が不足気味。安いTシャツを買えば簡単だけど、更に安上がりに布を入手。直線裁断で前あきのシャツを縫った。 ボタンホールの代わりに、 今回はスナップで。 黒って便利だけど、綿ボコが本当に目立つ。 雨が降ると肌寒い日もあるこの季節、 厚地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直線裁断のワンピース?

ワンピースとして作った訳ではなく、上っ張りとか割烹着のつもり。しかし折角なら、シャツのデザインのバリエーションとして作ろうと思い、こうなった。膝上丈なので、パンツと合わせるワンピースとして着られる。 何故これまで気付かなかったんだろう。上っ張りって、ゆとり量を多く入れるから、直線裁断の服造りに向いている。 衿ぐりを大きく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新品のシーツと製作中の上っ張り

雨続きで洗濯物が溜まりがちだけれど、シーツを交換して新しい物を使い始めた。綿ブロードの滑らかな感触が嬉しい。長さが足りなかった分を足した30cmは、寝心地に影響なさそうだ。 残りの生地で、着る物を縫製中。 家で着ているカットソーの上っ張りが、 ほころびたり、擦り切れたりで もう限界なのダ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

布物使い回し術(その2)

シーツを自作して、使ってからシャツにしようと思い付き、数日後に手芸店へ行った。2mカットクロスしか無い。その中でグリーンの落ち着いた色が気に入った。綿100%だけれど、幅106cmだから、タテもヨコも寸足らず。でもその生地がどうしても欲しい。 縫い足しに、 明るい灰味のグリーンを使う事にした。 自宅で広げたら、 幅が15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自給生活的、布物使い回し術

断捨離関連の情報を集めていると 「少ないアイテムをディープに着回す。傷みが早くなる分、早々に新品に入れ替える。」 と言う話が多い。断捨離提唱者のやましたひでこさんなんて、服は2ヶ月で処分されてるそうだ。 さて、シーツが傷んだので、先日ウエスにした。残るは平織プリントが一枚。天気が良ければ、夕方までに乾く。でもちょっぴり心もとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬の毛で織った服

先月、犬毛と羊毛を混ぜて紡いだ糸を使って、生地を織り上げた。それを縮絨して裁断、接着芯を貼って、組み立てたところ。 縫い代と裾を折ってしつけをし、ボタンを配置したところ。 出来上がりの様子が見えて来た。ここに箱ポケットを配置して、飼い主さんに試着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱ポケットのナヤミ

箱ポケットとは、手を入れるポケット口に、長方形の箱布が付いた物。スーツによく使われる、あのタイプのヤツでアル。真面目な洋裁からは、すっかり遠ざかっている今日この頃。また作ってみた。 テキストには、懇切丁寧なイラストで手順が説明されているが、パーツが紛らわしくて、混乱しやすい。丁寧に読むと、途中で訳が分からなくなる。 ああ、や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年早々に毛織物の縮絨

新年早々、縮絨をしている。年末に織り上げた服地仕上げの、やり直しでアル。 ・お湯に石鹸を溶かした中に布を入れ、一旦冷めるまで置く。 ・それを脱水し、新しい石鹸液の中で踏む。 ・冷めたら、また新しいお湯に石鹸を入れ、まんべん無く踏む。目安は1時間。 お湯が良い加減に温かいので、調子に乗って素足で踏んでいたら、30分後にはヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今冬の足許

毎冬靴下を2足編む。そして傷んだ物を処分する。防寒用なら、そのサイクルで間に合うみたいだ。今年の1足目が編み上がった。 数年前にネットで見つけた方法で、 つま先から編み始め、 最初から最後まで切らずに仕上がる。 先日の染色実習で、混紡の細い糸を、 毛100%との比較の為に同浴で染めた。 その時の淡いピンクを使った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペットの毛で織る服地

毛足の長いワンちゃんの毛を、洗って羊毛と混ぜ、紡いで糸にした物を、他の色糸と組み合わせた織物。ようやく織り上がり、機から外したところ。 4.6mあった。 これから石鹸水に浸して 布目を縮める「縮絨」をする。 のだけれど、 機を緩めたら気も緩んだみたいで。 つまり、ヘロヘロ。 生地は一晩休ませてから、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤッタ!もうシャツは買わない

コットン100%の布を直線裁断で仕立てた。頭からかぶって着る、これはTシャツの代わり。ニット生地に比べれば、着脱が少し窮屈だけど。ちゃんと着られるやん。普通に動けるやん。こうなれば、引き出しの中の在庫生地を、どんどん仕立ててしまおう。 そしたら捨てかねているシャツ類が断捨離出来る。色褪せた黒のカットソーなんて、ぜーんぶ処分して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直線裁断でシャツ作り

ようやく仕上がった。スタンドカラーで衿ぐりが広すぎるとか、諸々のツッコミ所については、今後の改善に期待して頂ければ・・・。とにかく、シャツのような形態の服は、パターンメーキングの知識ナシでも出来るのでアル。洋裁学校のサンプル製図では、シャツの身頃って、脇線が真直ぐ。ゆとりを多く取って体を包むので、ダーツが無い。袖ぐりが浅く、袖山も低め。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more