太陽光パネルが増えた

屋根に太陽光パネルを載せた家が、石岡にも目立って増えた。地震の影響で何日も停電した時は、誰もが不自由な思いをしたから当然だ。

でも、それって根本的な解決とは違うんじゃないだろうか。そもそも、電気に頼り過ぎるんじゃないだろうか。

大型冷蔵庫は、必要なんだろうか?
電子レンジは、必要なんだろうか?
電気ポットは、必要なんだろうか?

冷蔵庫が小さくても、常備食材は乾物を利用出来る。電子レンジがなくても、鍋で蒸せる。電気ポットを使わずに、魔法瓶で用が足りる。

太陽光パネルを載せるだけでは、依存した生活は変わらない。電源が太陽になったって、原発は止められない。

原発は、エネルギー供給の必然で存在する訳ではない。利権のために存在する。お金に群がる人々に支持されているシステムなのだ。だから、署名もデモも、効き目がない。

せめてもの対抗策は、お金を出来るだけ使わない生活技術を学ぶ事だ。男社会では軽視されてきた、日常の些事こそが、原発を退ける鍵だ。
「丁寧に暮らす」
と言う言葉が流行っている。遠回りに見えても、それが解決方法なのではないか。

"太陽光パネルが増えた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント