全国裂織展

全国裂織展会場にて
ネットで調べ物をしていたら、ちょうど始まる裂織展の案内を見つけた。なかなか本格的な様子。これは見に行くしかない、と東京まで出た。

予想していたより多くの作品が出品されている。日本ではタペストリーは市民権を得ていない、などと勝手に思っていたけれど、裂織のタペストリー作品が意外と多い、技法も糸の使い方も、かなり面白い。服やカバンに仕立てた作品も多く、私は個人的にこちらに惹かれた。

日本人って、裂織が特別好きなんじゃないか、と思う。ウールのタペストリーよりも、裂き糸や綿糸が、生活感覚に合っているのかも・・・?

図録は2,000円と高かったけれど、買ってしまった。



全国裂織展は上野の森美術館で9/23~9/28の間、開催しています。詳細はこちら

"全国裂織展" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント