計画停電は不要では?

東京電力は、ホームページで公開していた電源別の発電実績情報を削除したそうだ。節電を呼びかけながら、需給量を数字で表すデータを消してしまった。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110417-00000301-alterna-soci

発電量の合計と、火力、水力、原子力などの電源別内訳が掲載されていた。内訳を示すと、原子力なしで電気が足りる、とわかってしまうから?

電力使用状況グラフは公開されているが、随分大雑把だ。
http://www.tepco.co.jp/forecast/index-j.html

少し前に首都圏に住む知人数人が、
「実は発電量は充分足りているのに、原発の必要性をアピールするために計画停電をやるんだって・・・。」
と言っていた。ひどいデマだと思ったけれど、案外正しかったかも知れない。本当に足りないのなら、こんな小細工をする必要はない。むしろ、具体的な数字を挙げて、節電協力を求めるだろう。

電力会社は、原発事故に懲りていないし、反省もしていないし、ホトボリが冷めれば、引き続き推進するつもりでいるのだ。市町村の5つや6つ潰れても、税金と義捐金が面倒を見てくれる、と考えているのかも・・・。

もう3月の停電で、経済活動に破壊的な影響を及ぼすと判ってしまった。経団連は東電にねじ込んでいるだろう。経団連の会長はトヨタである。(え?トヨタの工場は中部電力?でも副会長は日産だ。)だからもし、本当は不要な計画停電であれば、この夏は実施しないだろう。みんなで普通に節電すれば良いだけだ。

"計画停電は不要では?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント