ゲージツの秋

ゲージツの秋でアル。日帰りで六本木の国立新美術館へ展覧会を見に行った。かなり大規模だったけれど、独立展って有名なのだろうか?展示数が多いだけでなく、とてもレベルが高かった。

ゴッホ展も開催中で、そちらの来客の方が多かっただろうけれど、何年か前に竹橋で見たので素通り。

そもそもゴッホでも誰でも存命中は、展覧会に出品しては入選したりしなかったりしてたわけだ。だから公募展の中の未来の巨匠作品を、同時代に鑑賞するのも好し。等価値ではないか。

どれもすごい絵だった。どれがより良い絵か、なんて私にはわからない。

でも、どうしてだろう。暗い画面が多い。暗いテーマが多い。退廃的と言うよりは、病的なイメージが多い。美術とはそういうものなのか。それとも、これが今の「時代の声」なんだろうか。

私は明るい絵が見たい。展覧会で悲しい気持ちになるのはイヤだな。

"ゲージツの秋" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント