食品不足は起こらない

いつのまにか、春たけなわ。
毎日、コロナウィルスの話題がとぎれない。
日本の食料は輸入品が多いので、今の状態がつづけば、
いずれ不足すると心配する人もいる。

そうかも!
・・・とちょっと思った。

でも、別の見方もできる。

わたしは10年ちかく、外食産業ではたらいた。
具体的には、ベーカリー、レストラン、弁当屋。

どの店でも感じたのは、
「食べ物って、あまってるよねえ。」
だった。

ベーカリーの売れ筋は、菓子パンと総菜パン。
特にチーズやチョコレートが入るとよく売れた。
パンは主食ではない。
スナックであり、し好品でアル。

レストランはヘルシー志向だった。
地元の食材のみを使用しているのが売りだった。

大手チェーンの弁当屋は、
毎月新メニューやキャンペーンをだす。
常にちがうことをしないと、飽きられるのだ。

どこの店でも、
切実に食糧を供給しているのではなかった。

「もっと、もっと、もっと食べて~」
「もっと買って。もっと買って。もっと買って~」

そんなことばが聞こえる気がした。

この国には、食べ物が多すぎたんじゃないだろうか?

コロナの影響で、海外からの食品輸入が激減したとしても
あんがい足りるんじゃないだろうか?

それどころか、需給バランスが正常化して、
食に関する業界は、
むしろ業績が向上するんじゃないだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント