タロウ君にサヨナラ

朝、畑に行くと、地主さんの犬小屋の前に、飼い犬タロウの鎖がぶら下がっていた。散歩に行っている様子でもない。

ああ、死んだんだ・・・。


昨日の朝は、小屋の前でスヤスヤと眠っていた。

その前日は、夕方に会ったっけ?


高校生のお孫さんが生まれる前に来たとかで、17歳位らしい。

6年半前に私が引越して来た頃は、とても精悍な大型犬で、ちょっと怖かった。

馴れても警戒心を解かない、良い番犬だった。

それでも友人として、頭を寄せて甘えてくれる様子は、仔犬のようだった。


ここ数年は食べる量が減り、ずいぶん痩せた。

痩せても毎冬、毎夏をやり過ごし、今年も秋まで生き抜いた。

けれど数日前に小屋の前で歩く様子は、もう痩せる余地が無かった。


老いて食が細り、弱って事切れる。

最後まで、寝込むでもなく、ボケるでもなく、静かに老いて行った。

ああ、そんな風に死んでいけば良いんだね。

2014年6月のタロウ
2年前の6月に撮った写真を見つけた。







ており工房ククリのホームページはこちらです。

ブログランキングに参加しています。こちらを応援クリックして頂けると嬉しいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

トランプ母
2016年09月28日 20:17
最高のさよなら!
帰って行ったのですね。
手を合わせて!
2016年09月29日 19:41
トランプ母さま、お久しぶりです。
ありがとうございます。

直後には淡々としていたのですが、
畑に行った時に、
タロウが犬小屋で寝ている気でいたり、
帰路に待ちかまえているように思ったり。

無意識に気配を確認していたんですね。
それはもう二度と無い、と気付くと
寂しいです。

軽いペットロス状態かも・・・。

一度も散歩に連れ出したわけでも
おやつを上げたわけでもないのに。

可愛い、かしこい、優しくてオッカナイ、
大好きな子でした。

この記事へのトラックバック