ソーラー発電の初日

ソーラーパネル仮置き中
前日の夕方、ソーラー発電のセットが届いた。その日の内にバッテリとチャージコントローラーとパネルの接続を試しておいた。今日は来客予定があるので触れないつもりだったけれど、あんまり良いお天気で、お日様が勿体なくて、充電だけでもと仮置きしてみた。

50Wのパネルって、置くだけなら想像より小さい。

ソーラー発電システム?
隣に自転車を入れて写したのは、大きさ比較の為・・・ではない。荷台に見苦しく載っている段ボール箱には、蓄電用バッテリとチャージコントローラーが入っている。ソーラーパネルの後ろから出ているソーラーケーブルが段ボールの蓋の隙間から中に入り、チャージコントローラーを経由してバッテリに繋がっている。

笑えるショボさ、でも立派な(?)50Wソーラー発電システムなのである。だって発電して蓄電してるやん。

電気を使う為には、電源システムが必要でアル。それにはまず、パネルから着脱式の延長ソーラーコードを外す。段ボール箱と共に、繋がったままの延長ソーラーコードを室内に取り込む。そして箱の中のチャージコントローラーに、インバータを接続し、スイッチを入れコンセントに通電したら電源システムの完成。めでたく使用開始となる。

こんな莫迦莫迦しい方法でも、ソーラー発電である。

これからの課題は、
1)ソーラーパネルの置台を作る。
2)ソーラーケーブルを屋内に引き入れる。
3)バッテリ、チャージコントローラー、インバータの収納方法を確立する。

それにしても、バッテリ容量が少な過ぎた。パネルの大きさばかり心配して、バッテリの大きさについて、全然考えてなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック