原発事故の責任を免除するそうだ

4/14のブログに、地震のマグニチュード修正と原発事故レベル7宣言への疑問を書いたけれど、本当に免責の話が出てきた。

原発賠償、免責あり得る=報酬半減は「大変厳しい」―東電社長

「東京電力の清水正孝社長は28日、福島第1原発事故の被害補償に関し、巨大災害の場合は電力会社の責任を免除する原子力損害賠償法の規定について『私どもとして、そういう理解があり得ると考えている』と述べ、東日本大震災による大津波が免責理由に該当する可能性があるとの認識を表明した~」

巨大災害だったので、深刻な事故が起きて大量の放射能が漏れ、住み慣れた家土地を永久に失い、長年大切に作ってきた田畑を汚染され尽くした人々に対して、責任が無いのだそうだ。

想定外の災害だったので、法律により、免責されるのだそうだ。原発事故により人生を狂わされた多くの人々への補償は、東京電力の知った事ではないのだそうだ。

そして東京電力の役員報酬が50%カットになるのは、「大変厳しい」のだそうだ。

原子力発電とは、そういう技術である。

(最初に発表されたマグニチュード7.9とかいう数字は、間違いではない。あとで算出方法が変わっただけだ。原発事故のレベル7というのも、高過ぎるという意見がある。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック