レンコンこわい

滅多に買わないレンコンを買った。
石岡の隣町かすみがうらは、レンコンの産地である。
直売所にも規格外のレンコンが並ぶ。

一袋120円。良いではないか。

家に持って帰って切ったら、穴がなかった。
切っても切っても、穴が出てこない。
しばらく訳がわからなかった。

レンコンではなく、ヤーコンだった。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年02月08日 00:56
tekuteさん初めまして

自給自足のブログ名を見てちょっと寄らせてもらいました。
昨年から山里で田舎暮らしを始めましたが、知識や道具、条件が揃わず足踏み状態で、自給自足の大変さを実感しています。でも今の時代には本当に贅沢な生き方かもしれませんね。

山羊さんは…残念でした
またお邪魔させてください。
tekute
2009年02月10日 00:01
イモさんいらっしゃいませ。
私は20代初めに農業研修に行き、いろいろと苦い経験をし、その後東北で数年、雪国の暮らしをしました。ですから40代になって改めて田舎暮らしをしようと思った時に、最低ラインが自ずと決まっていました。
1)農業はやらず、現金収入は別に確保する。2)雪国はパス。
ここ茨城県石岡市は偶然知ったのですが、自然環境に恵まれている割には首都圏に近く、自分にとっては好都合な土地なのです。
kawa
2009年06月07日 13:17
こんにちは。初めまして。

ヤーコン。。。。爆笑してしまいました。

私も自給自足、織、でお邪魔しました。
地方暮らしの経験や知識もある上での今の生活だったのですね。
実は茨城への移住を考えていたところだったので、
実際の厳しさを垣間見ることが出来てよかったです。
これからの夏野菜、楽しみですね。
tekute
2009年06月07日 19:44
kawaさま。いらっしゃいませ。
さてさて、私は本当に厳しさを引き受けているのかしら、
と思うことがあります。
自営で生きている人達の厳しさに比べれば、派遣で食いつなぐなんて、ドシロウトなのではないか、と・・・。

この記事へのトラックバック